今日の豪ドル円予想:予想通り、豪ドル円は下落。この先ずっと下落するのか?

豪ドル円の予想

昨日の豪ドル円は、75.7円で終わりました。私の予想通り、ショート戦略がハマった日だったのではないでしょうか?私は昨日、ターゲット到達感から、76.6円を超えてくると下落しやすいという傾向を示し、今後は76.6円超える場面ではショートをおススメしますと言いました。昨日の高値は、76.7円でしたので、そこでショートポジションを持った方は、今現在100pipsぐらいの含み益が出ているのではないでしょうか?

さて、昨日はややしっかりとした下落が生じた訳ですが、今後どういった値動きをするのか?サポートや上値抵抗帯、今後の傾向などをしっかりと抑えておきましょう。

現在の方向性

ターゲット:特になし

しばらくは下落と上昇を繰り返しながら、どちらかに動くかのシグナル待ちの状態です。一番良い戦略は、ステイで様子見ですが、トレードしたい方は、各サポート帯、抵抗帯を押さえながらポジションを取るのが無難かと思います。

本日のサポートや抵抗帯

前日の高値、安値、終値から、サポート帯、抵抗帯、ブレークポイントを割り出します。

ピボット指数

S1:75.47円
S2:75.15円
LB:74.55円
R1:76.4円
R2:77円
HB:77.32円

S1:サポート1 S2:サポート2 LB:下落加速 R1:抵抗帯1 R2:抵抗帯2 HB:上昇加速

EMAからみたサポート帯

サポート1は75.25円、サポート2は、74.62円

75円台前半は、サポート帯が厚いとの判断が出来そうですね。

今日以降注意すべきポイント

EMAではすでに下落傾向を示していますが、各サポート帯では反発も起こりそうです。もし、今日以降76.6円以上で終えるとまた上方向へのターゲットが出ますので、そこは意識すべきポイントと思います。また、下方向では74.1円を超えると下落シグナルが点灯するので、要注意です。

 

永島豪大

チャンスを掴もう!豪ドル円をトレードするならココ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました