今日の豪ドル円予想:狭いレンジを抜けれるか?

豪ドル円の予想

昨日の豪ドル円は、またまた75.3円で終わりました。最近は74.9円~75.3円での狭いレンジでの値動きですね。74.9円付近でのサポート帯が固いような気もします。

画像は、昨日の豪ドル円の15分足です。74.9円からでの反発が多いですね。今日も下でサポートされ上では押さえられのレンジが予想されますが、どこがサポート帯でレジスタンスなのかしっかりと押さえておきましょう。

現在の方向性

ターゲット:特になし

日足ベースでの判断で、上下しどちらかに抜けるか待ちの状態です。ここ2,3日ずっと同じことを言っていて目新しい情報がなく申し訳ありませんが、仮に売りシグナルが出るとすれば、今日以降74.1円以下で終わると売りシグナルが出ます。上方向だと、今日以降76.6円以上で終える必要があります。基本的には様子見のスタンスに変わりありません。

仮にサポートされ、上昇に勢いをつけるためには75.8円以上で終える必要があります。(昨日は、75.9円でした)

4時間足で見てみると

細かいところで4時間足で見てみると、75.5円以上で終えると74.9~75.5円のレンジを抜けて上昇が加速しそうです。ただし、現在は4時間足で下落シグナルが点灯中。日足での判断でEMAは下落示唆をしていますから、上から売る戦略が合っていると思います。

本日のサポート帯や上値抵抗帯

前日の高値、安値、終値から、サポート帯、抵抗帯、上下ブレークポイントを割り出します。

ピボット指数

S1:74.94円
S2:74.56円
LB:74.32円
R1:75.55円
R2:75.8円
HB:76.17円

S1:サポート1 S2:サポート2 LB:下落加速 R1:抵抗帯1 R2:抵抗帯2 HB:上昇加速

EMAからみたサポート帯

サポート1は75.28円、サポート2は、74.84円

最後に

今日で7月も終わりです!明日・明後日は土日なのでしっかりと休み、英気を養いまた相場と向き合っていきましょう。8月は相場的には下落しやすい月でもあります。東京都は8月3日~31日まで飲食店やカラオケ店に対して22時以降営業を自粛するよう要請を出しました。新規感染者の増加も高止まりの状態ですので、今後ますます自粛要請が出され、経済が冷え込むことが予想されますので、ショートポジションで大きな利益を狙いたいですね。

仮に200pips達成なら、1万通貨だと20,000円の利益。美味しいお肉が食べれそうですね。仮に10万通貨なら200,000円の利益。政府の給付などあてになりませんから、小さなボーナスです。何か自分にご褒美をし、自分の収入は自分で作りましょう。仮に、100万通貨なら2,000,000円の利益。利益確定をしたなら、後は何もせず好きな事や趣味に時間を使えます。どこか旅行に行くのも良いでしょう。1ヶ月ほど何もしなくても暮らしていけます。

FXには夢がありますが、夢を掴むには真摯に相場と向き合う事。日々のチャート分析より夢を掴めるチャンスが広がると永島豪大は確信しています。今後も何か有益な情報をお届けできたら嬉しいです。では、また来月も頑張りましょう!!

 

永島豪大

チャンスを掴もう!豪ドル円をトレードするならココ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました